【子持ち/子なし】マッチングアプリで離婚歴・バツイチのマイナス印象レベル【男女別の印象】

離婚

私は男だが、マッチングアプリを初めてみて割とすぐに感じたのが、

 

離婚歴ある人、意外と多い。

 

という事実である(私は男なので、女性で多いという話。男性は見えないのでわからない)。

なのでまず言えることは、離婚歴があるからといってマッチングアプリを利用するのに臆することは全くないということである。

ただ、だからといって離婚歴が全くハンデにならないのかと言ってしまうと少しポジティブすぎるだろう。

離婚歴の印象について、私の持論と、SNSの評判なんかを絡めながら本題に入っていく。

\おすすめのマッチングアプリ3選/

アプリ3選 サービスの特徴


ペアーズ公式サイト
  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    業界最大手のマッチングアプリ王者
paters(ペイターズ)

paters(公式サイト)

  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    パパ活向け・ハイスペ好きが集まる

マリッシュ(公式サイト)
  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    婚活ガチ勢向け・再婚者も多い
目次

【前提】子持ちか子なしかで印象は天と地の差がある

シングルマザー

まず大前提だが、離婚歴があるといっても、子供がいるかいないかで話は天と地ほど変わってくる。

はっきり言うが、離婚歴に加えて「子持ち」だと相手側が感じる心理的負担は跳ね上がるだろう。

マッチングアプリという他の候補が星の数ほどいる中で、わざわざバツあり子持ちの人を選ぶ人は正直少ない。

婚活サムライ
実際に私自身も、子持ちの人は離婚歴(子なし)の人より身構えてしまいます

子持ちでもプロフィールには正直に書いた方が絶対にいい

子持ちだとマッチング率が大きく下がるから、あえてプロフには子供の存在を書かないという人も多くいる。

しかし相手からしたら、離婚歴や子供の有無は隠されるより正直に先に明かしてくれた方が絶対に好印象である。というより、後から明かされると「意図的に隠してたのか…」というマイナス印象が強すぎて、関係悪化を招くリスクが高すぎる。

最初から子持ちを正直に明かすことでマッチング率は確実に下がるが、その上でマッチングできた相手はその時点で「子持ちと分かってマッチングしてくれた」という証拠なので、良い関係が作れる可能性がグッと上がるだろう。

子供は別居中なので大丈夫アピールはNG

とくに離婚した元夫の方で「子供は別居中なので大丈夫です!(安心してください)」みたいなアピールをプロフで記載している人がいるが、印象としてだいぶ良くないのでやめた方がいい。

まるで自分の子供を邪魔者扱いしている印象を受けるし、母親になる女性側からしたら、そんな発言をする人を夫にしたいなんて思う人はいないだろう。

シングルマザーの再婚率は30〜40%ある

実際に統計を見ると、シングルマザーでも再婚率は30〜40%近くあるのでシングルマザーが再婚できないわけではないのだ。

しかし、「好きになった人が子持ちシングルマザーだった」という普通の恋愛市場とマッチングアプリという場所は違う。

マッチングアプリはまずスペック・条件から入る特殊な恋愛市場なため、離婚歴がある人や子持ちの人を除外して検索する人も多い。そのため「子持ち」はマッチング率に大きく影響することは変えようのない事実である。

というわけで以下は、「離婚歴あり・子なし」の場合に絞って書いていく。

 

離婚歴の印象は年齢によって違う? 「選ばれたことがある」というポジティブな証拠になる可能性も。

彼女 待ち合わせ

私自身、20代くらいの時は「離婚歴あり」は相当ネガティブな印象だった。というより、同年代では離婚歴がある人はまだかなり少数派だったので、バツイチの人と(結婚を前提に)付き合うということをイメージすらしなかった。

しかし、30代にもなってくると離婚歴がある人は割と普通にいるものであり、だいぶ印象が変わってくるものだ。

いやむしろ、もっと年齢を重ねてアラフォーレベルになると、未婚独身よりも離婚歴ありの方が魅力的にみえることだってある。

婚活サムライ
むしろアラサーくらいの女性で「え、こんな美人な人がなんでマッチングアプリなんか?」って感じる人は、離婚歴ありの人が多い印象すらある。

「離婚歴あり」を見て、あーそういうことね、と納得がいく

なので、離婚歴ありのアラサー美女は結構います

 

離婚歴ありということは、一度は結婚経験があるということ。

それすなわち、”一度は異性から結婚相手として選ばれた経験がある”ということだ。

冷静に考えて、結婚したものの離婚して独り身になった40歳独身より、結婚経験が一度もない40歳独身の方がヤバそうな臭いはプンプンする。

女性なら「売れ残り」、男性なら「彼女いない歴=年齢」みたいな、そういうネガティブなアレだ。

40歳未婚独身で、見た目から陰キャっぽい感じならシンプルに非モテ独身のイメージでアウトだし、

見た目がイケメン・美女だとしても、それで未婚独身ということは逆に”裏に何か結婚できない理由がある”と警戒心が生まれるのが普通である。

 

というわけで私の結論としては、

20代〜アラサーくらいだと離婚歴はややネガティブ要素、35歳以上になってくるとむしろ未婚よりも離婚歴ありの方がポジティブにみられるケースすらある。

というのがファイナルアンサーだ。

ボーダーは35歳とした。

男女の平均初婚年齢を大体30歳として、30歳前後くらいなら未婚でも普通だろう。女性は30歳越えたら「売れ残り」なんて言われるが、実際に私は全然そうは思わない。30代前半くらいまでであれば。

しかし、35歳を越えて未婚だと「何かあるな」という印象は拭えなくなってくる。

なので私としては35歳を、「未婚」と「離婚歴あり」の印象逆転ラインとする。

【男性の場合】離婚歴があると浮気やDVのイメージを与えかねない?

DV男

離婚歴のある男性に対して、女性はどうおもうだろうか? こればかりは私が男性側なので自分では分からない。

そこでTwitterで調べてみると、女性側の面白い意見を見つけたので紹介する↓

これは、なるほどなと学びになった。

確かに男の私からしても、離婚はどうも男性側に原因があるケースが多いという”先入観”が強い。

やはり、夫側の不倫とDVという王道パターンをニュースやワイドショーで見過ぎているせいかもしれない。女性は被害者になりやすいので、そういう意味で男よりセンシティブに想像してしまうのだろう。

もちろん、女性側が原因で離婚した男性だっているだろうし、そんなことは話せばすぐ分かることである。

しかし何度も言うが、マッチングアプリというのはスペック・条件から始まる「減点方式」の恋愛市場であるため、相手がチクリとでも減点要素を感じてしまうと「話す」という段階まですらいかずに書類審査でポイされてしまう。

なので上記ツイートのような警戒心の強い女性の場合、プロフィールに離婚歴ありと書いているだけでアウトになってしまうことも・・・。

そう考えると、同じ離婚歴ありでも女性より男性の方がやや不利かもしれない。

 

離婚理由はプロフィールに記載しない方がいい(とくに他責アピールはNG)

離婚歴ありの人でたまに見かけるのが、離婚理由をプロフィールにわざわざ書いている人だ。

とくに「相手の浮気が原因で〜」とか「夫の暴力が原因で〜」みたいな、

”離婚した原因は元夫にあって、私は悪くないです”

みたいなアピールっぽい記載をしている人がいるが、はっきり言って男側から見てコレは書かない方がいい。

主張すること自体が悪いことではなく、それプロフ段階で書くことじゃないよねって感が強い。

同様に「離婚理由は説明できます」みたいに書いてる人も、聞いてもないのに自ら正当性をアピールしてるようで地雷感を感じてしまう。

そうしたデリケートな話はプロフィールに書いて全体に公開するのではなく、マッチングした人との個人間のコミュニケーションで伝えればいい話である。

 

離婚歴がある人は、同じ離婚歴がある人に親近感が湧きやすいという声も

私は経験がないので分からないが、確かに同じ離婚歴ありの人同士はむしろ繋がりやすい感じはする。

バツイチという親近感がわくし、離婚・再婚の大変さなんかもお互いに分かっている部分だと思うので、お互いに変に気を使わないので打ち解けやすいかもしれない。

マッチングアプリには離婚歴ありの人は多数いるので、そう考えるとやはり離婚歴ありだからといって過剰にネガティブに感じる必要はないと思う。

 

離婚歴ありの人は、シングルマザー・シングルファザー・再婚向けのマッチングアプリを使うのがおすすめ

マッチングアプリも、アプリごとに属性というか集まってくる人のタイプに多少の違いがある。

一番人気の Pairs(ペアーズ) なんかは、ガチ婚活というよりも少しライトめで、彼氏・彼女を見つけたい恋活目的のユーザーがかなり多い。こうしたライトよりなアプリほど、離婚歴ありの婚活勢はノリの軽さにガッカリするかもしれない。

なので、再婚目的の人は再婚者向けのマッチングアプリも使った方がいいだろう。

マリッシュ

公式HPhttps://marrish.com/

シンママ・シンパパが多く集まっていて、ペアーズよりももう少し真面目な婚活向けなのが「マリッシュ」。

マリッシュは再婚者への優遇プログラムがあるのが特徴(検索機能で上位に表示されやすくなったりする)で、必然的に再婚者が多く集まっている。同じ境遇の人たち同志だと繋がりやすいというメリットは大きいだろう。

実際にやってみればわかるが、ペアーズに比べてマリッシュはバツイチ人口がめっちゃ多い。

バツあり同士でカップルになる組も多いそうなので、離婚歴ある人にはおすすめのマッチングアプリである。

リンク⇒ マリッシュの公式サイトを見てみる

 

 

【最後に】そもそも離婚歴・バツイチであることは最初から公表すべき?

そもそも、離婚歴がマイナス印象になるリスクがあるなら、最初からプロフィールに書かない方が良いのでは?

という意見もある。これは人によって考え方が異なるところだ。

マイナス要素は最初は隠しておくべきという意見としてこんな声がある↓

マッチングアプリは「マッチングしないことには話をする段階にすらいけない」という厳しいルール。

それならば、離婚歴はプロフィール段階では書かないでおいて、いざ仲良くなれた段階で打ち明ける方が賢明ではないか?

離婚歴をバカ正直に最初から明かしてスタートラインにすら立てないんじゃ意味ないじゃないか?

 

・・・そんな意見も、理屈は分かる。

しかし私個人の意見としては、

離婚歴を最初に伏せておくのは絶対にやめてほしい。

 

これはもう印象の問題だ。

”あえて伏せておく”という部分にこざかしさを感じるし、私がとても重要視する「素直さ」と対極にある印象である。

それなら、プロフィールにしっかりと「離婚歴があります」と書いている人の方が断然好印象である。

そうそう、「大事なことは先に言えや」である。

これは男女関係なく、離婚歴があることは下手に伏せずに、しっかりとプロフィールに書いておいてほしい。

あと、男性目線でプロフィールでモヤっとする女性の特徴も下記記事にまとめている。

モヤっとするプロフィール

あわせて読みたい
マッチングアプリで絶対やめるべき女性のNGプロフィール文(マイナス印象の自己紹介) 【マッチングアプリのプロフィール文は「減点方式」で考えること!】 私は毎日のようになどマッチングアプリで色々な女性を見ていますが、プロフィール(自己紹介文)を...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次