一生独身の男性を襲う尋常じゃない孤独に耐えられない【生涯独身 孤独死確定】

モテない男

私もいよいよ30代半ばにさしかかり、いよいよ一生独身の恐怖が大きくなってきている。

国勢調査によると、35歳時点で独身の男がその後に結婚できた確率は3%という絶望的な数字が明らかになっており、つまりあと数年で結婚できなければ一生独身人生がほぼ確定する崖っ淵に立たされている状況だ。

 

(ちなみに、2030年には男性の3人に1人が生涯独身になると推定されている)

 

リアルでは恥ずかしくて言いにくいがブログだから正直にいうと、めちゃくちゃ焦っている。というより、怖い。

なぜなら、独身中年の人生というのは死ぬほど孤独だからだ。

30代後半になっていよいよ結婚の可能性がなくなってきた人達は、独身を正当化するために「結婚したって幸せになるとは限らない」とか「3人に1人はどうせ離婚する」とか「一人の方が気楽」みたいな主張にすがるようになる。

でも、私はそうはなりたくない。離婚の可能性は置いておいて、結婚という経験は絶対にしておきたい。結婚したことを後悔している中年男性より、結婚できなかったことを後悔している中年男性の方が格段に多いはずだからだ。

中年独身男性

このままだとマジで上記マンガのような未来になるのが目に見えている。

危機感を持っていないとダメだ。とくに男の場合、生涯独身になるとどれだけ孤独で虚しい将来になりやすいか、現実を直視するべくこの記事を書いている。

 

\おすすめのマッチングアプリ3選/

アプリ3選 サービスの特徴


ペアーズ公式サイト
  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    業界最大手のマッチングアプリ王者
paters(ペイターズ)

paters(公式サイト)

  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    パパ活向け・ハイスペ好きが集まる

マリッシュ(公式サイト)
  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    婚活ガチ勢向け・再婚者も多い

 

目次

独身男性の孤独は40代〜50代になって地獄になる

孤独な独身中年を人間的な意味で殺すのは、やはり「孤独」だ。

生きる目的や活力を失い、「ただ死んでないから生きているだけ」みたいな虚しい人生になりかねない。

30代後半くらいまではまだ体力もあり、「趣味に生きる方が楽しい」「今の時代に結婚てメリットなくね?」みたいな主張にすがって自己暗示をかけまくることでまだ前向きになれる。

でも、その気力も40代〜50代で限界が来ることが多数報告されている。

 

また以前、2チャンネルのスレッド「独身37歳男性がこの週末を振り返りたい・・・【独身末路】」を読んでしまって、思わず恐怖を抱いてしまった。

独身37歳のリーマンが、自身の寂しく虚しい独身生活を淡々と振り返っているスレなのだが、独身男性を蝕みはじめる孤独の恐ろしさがリアルに描かれている。

以下、印象的な箇所をいくつか引用する。

学生時代、結婚なんて考えてなかった。
彼女がいた。でも、結婚はまだまだ先だと思ってた。その彼女と別れた。すぐ新しい彼女ができた。
結婚なんて考えてなかった。その繰り返し、今思えば、それが何周かできたことが奇跡だったんだ。いつの間にか、結婚をしない理由を探すようになった。
誰にも結婚しろなんていわれてないのに。自分が、今結婚していたらどうだろう。仕事が遅くてもいい、
夜、飲みに行ってもいい、内緒で女の子のいる店に行ってもいい、
だけど、こうして夜中一人で寒空を歩いているだろうか。一刻も早く家族に会いたくて、タクシーに乗っているのではないか。
いま俺は、誰も待っていないアパートに焦ってタクシーで帰りたくはない。

 

眠りに入る瞬間はいつもゾッとする。

説明しようがないけど、ゾッとしながら眠って、嫌な夢を見る。おきる瞬間もゾッとする。ゼエゼエ息をするくらい焦ってる。時計見ると10分も経ってない。独身は気楽でいいな、とか

金があっていい、とか、趣味に時間が使えていいな、とか言う奴はいるけどこのたったの10分で、もう何もかも嫌になって、
自分の人生を否定できることが何度も何度もある。この地獄の10分を知らないから、みんな好き勝手なことが言える。

 

一人で夜をすごせるのか、無理だ。
誰かを誘おう。

同級生にメールをする。
みんな子持ちだ、当然無理だ。「また今度な」と返信。「今度」がくるわけない。
子供や嫁さんより、この独身37歳のオッサンを優先する日が来るわけがない。

友情や思い出も関係ない。みんな今を生きているんだ。

 

もうなにもかもがいやだ。
おれはなんでここにいるんだろう。

ソファにねっころがって泣く。

ロードバイクも、アニメのDVDも、タブレットも、どれも全てなにも自分の生活を変えなかった。
結婚は負債だの、独身は勝ち組だの、誰か先頭に立って主張したわけじゃない。

結局は独身の自分の言い訳に、都合のいい情報を探してたら
目に付いただけなんだ。

明日一日が重くのしかかる。

 

30歳くらいのころは、毎週のみになんて行ってなかった。
趣味も、自分にはいくらでもあると思ってた。
スポーツも、グルメも、アニメも、旅行も、全部楽しむためには
嫁なんかいらないと思ってた。

しかし、35歳くらいのころに
自分の喜怒哀楽も五感も全て鈍っていることに気付いた。

一人で楽しむためには、まず一人の感覚が鋭くなきゃ成り立たない。
なにやっても楽しくないような奴を楽しませるために人生送ってると思うと、辛すぎる。

他人とかかわりがないと、自分のためだけには人生は長すぎると思う。

 

とにかく、男には結婚しなくてもやっていける
力強さと生活能力があるんだろうけど、
実際やってみると家族があったほうが長続きすると思う。
俺はもう、こんな生活嫌だ、

 

 

「結婚は負債だの、独身は勝ち組だの、結局は独身の自分の言い訳に都合のいい情報を探してた」

 

結局はこの一文に尽きる。

独身の孤独を紛らわすために、一生懸命になって結婚のデメリットばかりを探すようになる。こじらせた独身中年の典型だ。

TwitterなどSNSでも、未婚男性が「結婚を是とする主張」に厳しく反論しているのをよく見かけるが、(その主張の是非は置いておいて)そういう人のアカウントを見に行くと、いつも誰かとバトってたり噛み付いたりしている人が多い。

リアルが一人ぼっちだと、精神を蝕むモヤモヤの発散の場をネットに求めるようになるのだろうなと。そう感じざるを得ない。

その発散方法がネットだけに止まらず、ついに現実社会にまで過激化してしまったのが、いわゆる「無敵の人」なのだろう。

※無敵の人

お金・社会的地位・友人や大切な人など「失うものが何もなく」、大量無差別殺人など社会的な大事件を起こしてしまう人のこと。「ジョーカー」などとも呼ばれる。

無敵の人は、「非モテ」「低収入」「孤独」を抱える弱者男性に多く、社会的に問題視されている。

法務省の調査によると、

こうした無差別殺傷犯の7割が交友関係なし、8割が収入10万円以下だそうだ。

無敵の人

【絶望】法務省「ジョーカー52人を調べたら交友関係ほぼなしが7割、収入なしか10万以下が8割でした」

この辺のことは下記の「独身中年の悲惨な末路」でも詳しく書いている。

あわせて読みたい
独身男性の末路が悲惨すぎる…。結婚を諦めた男たちの孤独と後悔とは いま、男性の独身率が年々増加している。 直近の調査では、男性の生涯未婚率(=50歳時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)は24.2%と4人に1人が生涯独身というデ...

 

弱者男性の生きづらさの根幹は「非モテ」

離婚歴ありの「バツあり独身」はまだマシ

中年独身男性と一括りに言っても、結婚していたが離婚して独身になっている「バツあり独身」と、結婚したことがない「生涯未婚の独身」では少し違う。

私の観測範囲では、孤独によって「こじらせていく」のは生涯未婚の独身中年が圧倒的に多い

一方で離婚を経験したバツあり独身男性は、中には独身を謳歌している人もいるし、言い方あれだが「まともな人」も多い。(それでも結局老後が近くなると危なくなったり再婚する人もいるが・・・)。

この両者を比較するに思うのは、

独身中年の孤独の根幹は「女性からモテたことがない”非モテ”」にあるのだろうなと痛感する

バツあり独身男性が精神的にマシなのは「結婚した(女性から選ばれた)経験がある」からだ。選ばれた経験のある独身と、一度も選ばれたことがない独身の間には、マラリア海峡より深い隔たりがある。

「モテない」が人間一番ツラい

金でもない。社会的身分でもない。

人間が生物として一番欲している欲求は「異性からモテること」だ。

金持ちになりたいのもモテたいから。偉くなりたいのもモテたいから。掘り下げれば、全ては「異性にモテたい」という欲求に突き当たる。

つまりこの「異性に対する欲求」を満たせずして、満たされる人生などないのではないか? 金や仕事や趣味など他要素でカバーすることなど本来できないのではないか?

仮に、あなたがめちゃくちゃ好きな人(例えば芸能人の新垣結衣としよう)、「新垣結衣と結婚できるけど今の貯金全てを失うボタン」があったとしたら押すだろうか? 私はめちゃくちゃ押す。腕が千切れるほど連打する。

もし何でも叶うなら、やはり一番上にくる願いは「この世で一番好きな人と繋がること(≒セックス)」になる。これは動物としての根源的な本能だろう。

ここが人生で一度も満たされたことのない「非モテ」のツラさは想像を絶する。異性にモテることが最も強い動物的欲求であるならば、非モテ以上に動物としてツラいことはないのだ。金がないことより非正規であることより、女性にモテないことの方がずっとツラい。

生涯未婚男性の異性にモテたことがないという絶望的ツラさを、「趣味に生きる方が楽しい」なんてごまかせるはずがないのである。

同じ独身男性でも、バツあり独身男性にはこのツラさがない。モテた経験・モテる力があるからだ。中には、モテる力が強すぎるからあえて独身でいたい(=色んな女性と遊びまくりたい)という強者までいる。

独身中年の中には、体感で2割くらいこうした強者男性が混じっている。多くの未婚弱者男性とは区別して語らないといけない。

未婚独身男性の自殺率・孤独死の高さは異常レベル

生涯未婚の弱者男性のツラさは、現実的な数字になって現れている。

未婚男性の自殺率の高さは圧倒的

未婚男性の自殺率の高さはもはや社会問題と言っていいレベルで突出している。

独身男性の自殺率

(上記ツイートより引用)

ちなみに、離婚して独身の男性は上記データには含まれない。上記は「生涯未婚」の男性のデータである。

さらに当然ではあるが、幸福度の調査でも未婚男性の幸福度は突出して低い結果になっている。

ここまで露骨に未婚男性の生き辛さが露呈されていると、さすがに個人の努力や運だけでなく日本という社会の性格(未婚男性への厳しさ)が大いに関係しているだろう。

未婚男性と低収入・非正規率には明らかな相関があるので、日本特有の正社員至上主義が未婚男性の生きづらさに拍車をかけているのかもしれない。30代〜40代で非正規低収入だと日本の社会では挽回することがなかなか難しく、それゆえに女性側も非正規男性を選びたがらないという負のスパイラルが確立してしてまっている。

日本という社会では、非正規中年男性が這い上がるのがあまりに難しすぎるという側面は確実にある。

老後は孤独死? 独身男性の寿命が66歳と圧倒的に短い

独身中年

自殺率の高さだけでなく、未婚の独身男性は既婚男性に比べて寿命が短いというデータが出ている。

既婚男性の平均寿命が81.3歳なのに対して、独身男性の平均寿命は66.3歳と圧倒的に早く死ぬのだ。独身「女性」の平均寿命はさほど短くないので、突出して独身「男性」だけが早死にしている。

参考日本の未婚男性は長生きしないのに、女性は既婚より未婚の方が長生きする不思議

今の時代の66歳なんて、やっと定年を迎えて老後の人生をゆるやかに楽しもうという年齢だ。まだまだ頭も体もシャキッとしていてジムに通っている人もいる。 寿命なんて言われてもピンとこない。

それほど、独身男性は突出して早死にしやすいのだ。

なぜか? その理由を少し深掘りしてみたい。

管理者(配偶者)がおらず、身体の異変に鈍感になりやすい

既婚者に比べて独身男性の寿命が短い最大の理由は、管理者がいないからとされる。つまり客観的に体の変化に気づいてくれたり、気遣ってくれたり、いざとなれば心配して世話をしてくれる存在が身近にいないということだ。

また家族がいる方が、規則正しい生活をする傾向も高く、家族と食卓を囲むことで食事の栄養バランスも取りやすい。

対して独身男性は、常に孤独飯なのでパスタや米を自炊するか、牛丼やラーメンといった安くて腹いっぱいになる炭水化物の外食が増える。そうなれば当然、野菜不足/炭水化物過多になりやすく不摂生な身体になる。

独身男性ほど金もないので、野菜を買う金もジムに通う金もない。妻も子供もおらず、友達すら減っていって普段の生活で人とコミュニケーションをとって笑うことも減ってくる。副交感神経が優位にならなくなり、ストレスをため込む身体になりやすい。

また、女性はいやでも月経など体の変化と向き合うため健康状態に気をつけたり病院での検診頻度が高いのに比べて、男性は圧倒的に自分の健康状態に気を使わないというデータも出ている。男性と女性で寿命に差が出てくるのはこの辺りが原因だろう。

 

女性にモテることを諦めると「全てがどうでもよくなる」

独身男性

上記のように独身男性の寿命が短い理由はいくつもあるが、私は、独身男性の最も根本にあるのは「異性にモテたいという欲がなくなり、全てがどうでもよくなる」という点にあると思っている。

男も女も、人間たるもの、頑張る理由の根本は全て「異性にモテたい」という生物的欲求だと思っている。

仕事を頑張るのも、お金を稼ぐのも、美容をするのも筋トレするのも、全ては「モテたい」という潜在的な欲求があるからだ。

しかし独身のまま中年になってしまうと、とくに男性の場合、自分のストライクゾーンの異性(男なら20代〜30歳くらいだろう)からモテる、ましてや付き合ったり結婚なんてことは非現実的になってくる。

 

そう・・・だから、諦めてしまうのだ。

 

「どうやっても自分の好みの子(20代〜30代前半)に振り向いてもらえないなら、もう恋愛とか結婚とかどうでもいいや」

「妥協して好きにもなれないバ○アと結婚するくらいなら、一生独身でいい」

 

このようにして、異性からモテることを諦めてしまう。

こうなるともう終わりだ。見た目を気にしなくなる。腹がどれだけ出ようがどうでもいいし、ファッションだってどうでもいい。暴飲暴食しようと痩せる気もないのでどうでもいいし、どうせモテない人生なんだから見た目なんてどうでもいい。

 

もう何もかもどうでもいい。全てがどうでもよくなるのである。

 

言葉は悪いが、独身中年が年を取るほどどんどん汚く不健康ですさんだ感じのオヤジになりやすいのは、こうした「異性への諦め」が一番根っこのところにあるのだと私は考えている。

婚活サムライ
ちなみに、女性は男性と違って自分と同年代の相手を好きになれるので、何歳になっても「対等」な相手に恋愛感情が持てる。

だから「不相応」な若い相手にしか好意を持ちにくい男性に比べて、女性は年を重ねても異性への諦めが起きづらいと言える

 

出会いがない30代〜40代の婚活手段

私は、少なくとも私の場合だが、一生独身のままだとほぼ確実に心が死ぬと思っている。今でさえ、布団に入った時につい孤独を考えてしまって眠れなくなることがあるのに、これが一生続くなんてとてもじゃないが心が持ちそうにない。

だから、私は結婚を諦めたくない。

もし独身のまま35歳を過ぎて生涯独身が97%確定したとしても、諦めず泥くさく婚活を続けていくと思う。

その際の問題は、30代を超えてくると「出会いの門」自体が狭まってくることだ。社会人は出会いがないなんて言うが、その出会いのなさレベルは30代になるとさらに加速してくる。

まず職場の風景が変わらなくなってくる。今さら転職する気力もなく、毎日同じ職場で同じ人たちと顔を合わせる日々が無限に続くのだ。

さらに、職場で顔を合わせる数少ない女性陣も、自分の手が届きそうな年齢の女性はもうみんな誰かの人妻になっている。女性の独身率がどんどん下がっていくのだ。まだ結婚率の低い20代の女子社員に手を出そうものならセクハラのリスクに晒される。

30代も半ばになってくると、もう合コンするような年でもない。

そうなってくると、「自然な出会い」というのは限りなく少なくなってくるのだ。

 

となると、女性と出会うには結婚相談所を使わざるを得ないと考えるのだが、

結婚相談所はそれなりのお金がかかるほか、本当に「最後の手段を使うしかない」という人たちが集まっている婚活難民の終着点だ。

なので、個人的にはいきなりガチの結婚相談所(最後の手段)に手を出すより、まずはもう少し裾野が広く低コストで始められる街コンマッチングアプリなどから手を出してみるのが良い。

 

一番手っ取り早く出会えるのが街コンである。

今は街コンにも色々な「テーマ型街コン」が色々合って、例えば私が利用していた 街コンジャパン では以下のようなものがある。

漫画・アニメ好きの街コン

漫画アニメ好き街コン

 

水族館好きの街コン

 

ボードゲーム好きの街コン

 

ボルダリング好きの街コン

 

日本酒飲み比べの街コン

こんな感じで同じ趣味の人が集まる街コンや、

  • 正社員限定の街コン
  • 公務員限定の街コン
  • 20代限定の街コン
  • アラフォー限定の街コン

などなど、属性に特化した街コンも色々とあるので、自分が最もいきやすい街コンを選んでみると良い。

街コンはマッチングアプリのように「会うまでが大変」という過程がないので、出会いの数を広げるには最も効率が良いのでおすすめ。

公式サイト 街コンジャパン

参考記事:【男女比やばい】オタク街コン(アニメコン)で惨敗した感想レポ|アニメオタクには良い出会い場

 

あるいは街コンのような複数が集まる出会いよりも1on1の出会いがいい人はマッチングアプリが最適である。

マッチングアプリにも色々とテイストの違いがあって、

アラフォー以上で結婚本気度が高いなら定番の「ゼクシィ縁結び」や、低スペや再婚者ユーザー向けの「マリッシュ」あたりから始めるのがいい。

一番大事なことは、この記事でも書いた通り「異性にモテたい」という気持ちをなくさないでおくこと。あえて強い言い方をすると、「異性からよく見られたい」という欲求をなくしたら動物として終わりだと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次