婚活・恋活

独身男性の末路が悲惨すぎる・・・。結婚を諦めた男たちの孤独と後悔とは

独身男性

いま、男性の独身率が年々増加している。

直近の調査では、男性の生涯未婚率(=50歳時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)は24.2%と4人に1人が生涯独身というデータが出ている。

さらに、2030年には男性3人に1人が生涯独身になると言われている。

(ちなみに、生涯独身率は女性より男性の方が圧倒的に高い)

 

ゼクシィの有名なキャッチコピーが頭をよぎる。

結婚しなくても幸せになれるこの時代に、それでも私は、あなたと結婚したいのです」

 

結婚しなくても幸せになれる時代、か・・・

・・・本当にそうだろうか?

 

私は現在30代の独身だ。はっきり言って、独身のまま迎える将来がとても怖い。

夜ベッドで目を瞑ると、独身男の末路を想像してしまって怖くて眠れなくなることが多々ある。

 

結論を言う。独身男性の末路は悲惨だ。

 

その悲惨さを下記で見ていきたいと思う。

 

マンガ・2ちゃんねるにみる独身男性の末路の悲惨さ

独身のまま中年になった男性の孤独さといえば、以下のマンガの一コマがとても有名だ。

中年独身男性

 

中年独身男性このマンガを見るたびに胃がキュッとなる。

このままだと遠くない将来、自分もこういう人生になってしまう可能性が高いからだ。

かつて時間を共にした同級生たちは多くが結婚し、家庭を築き、子供たちに囲まれながらたった一度きりの人生を過ごしている。

それを考えると・・・それと比較してしまうと・・・自分の人生ってなんなんだろうか?

たった1回しかない人生なのに。こうして1人で悩んでいる間にも少しずつ、たった一度の人生が減っていく。そんなことを考えていると、夜も眠れなくなってしまう。

たった一度きりの人生が、何にもないまま減っていってしまうのが怖い。

モテない男

そんな先日、下記の2チャンネルのスレッド「独身37歳男性がこの週末を振り返りたい・・・【独身末路】」を読んでしまって、ますます胸がザワザワしてしまった・・・。

独身37歳のリーマンが、自身の寂しく虚しい独身生活を淡々と振り返っている。

以下、いくつか引用する。

学生時代、結婚なんて考えてなかった。
彼女がいた。でも、結婚はまだまだ先だと思ってた。

その彼女と別れた。すぐ新しい彼女ができた。
結婚なんて考えてなかった。

その繰り返し、今思えば、それが何周かできたことが奇跡だったんだ。いつの間にか、結婚をしない理由を探すようになった。
誰にも結婚しろなんていわれてないのに。自分が、今結婚していたらどうだろう。

仕事が遅くてもいい、
夜、飲みに行ってもいい、内緒で女の子のいる店に行ってもいい、
だけど、こうして夜中一人で寒空を歩いているだろうか。

一刻も早く家族に会いたくて、タクシーに乗っているのではないか。
いま俺は、誰も待っていないアパートに焦ってタクシーで帰りたくはない。

 

眠りに入る瞬間はいつもゾッとする。
説明しようがないけど、ゾッとしながら眠って、嫌な夢を見る。

おきる瞬間もゾッとする。ゼエゼエ息をするくらい焦ってる。時計見ると10分も経ってない。独身は気楽でいいな、とか
金があっていい、とか、趣味に時間が使えていいな、とか言う奴はいるけど

このたったの10分で、もう何もかも嫌になって、
自分の人生を否定できることが何度も何度もある。この地獄の10分を知らないから、みんな好き勝手なことが言える。

 

一人で夜をすごせるのか、無理だ。
誰かを誘おう。

同級生にメールをする。
みんな子持ちだ、当然無理だ。「また今度な」と返信。「今度」がくるわけない。
子供や嫁さんより、この独身37歳のオッサンを優先する日が来るわけがない。

友情や思い出も関係ない。みんな今を生きているんだ。

 

もうなにもかもがいやだ。
おれはなんでここにいるんだろう。

ソファにねっころがって泣く。

ロードバイクも、アニメのDVDも、タブレットも、どれも全てなにも自分の生活を変えなかった。
結婚は負債だの、独身は勝ち組だの、誰か先頭に立って主張したわけじゃない。

結局は独身の自分の言い訳に、都合のいい情報を探してたら
目に付いただけなんだ。

明日一日が重くのしかかる。

 

30歳くらいのころは、毎週のみになんて行ってなかった。
趣味も、自分にはいくらでもあると思ってた。
スポーツも、グルメも、アニメも、旅行も、全部楽しむためには
嫁なんかいらないと思ってた。

しかし、35歳くらいのころに
自分の喜怒哀楽も五感も全て鈍っていることに気付いた。

一人で楽しむためには、まず一人の感覚が鋭くなきゃ成り立たない。
なにやっても楽しくないような奴を楽しませるために人生送ってると思うと、辛すぎる。

他人とかかわりがないと、自分のためだけには人生は長すぎると思う。

 

とにかく、男には結婚しなくてもやっていける
力強さと生活能力があるんだろうけど、
実際やってみると家族があったほうが長続きすると思う。
俺はもう、こんな生活嫌だ、

 

独身で本当に幸福な奴っているのか?

 

このように、独身の孤独や寂しさに苦しむ中年男性たちには、一つの共通点がある。

かつては「結婚なんてしなくてもいいと思っていた」ことだ。

上記のスレ主は37歳。まだ若い方だろう。

40代〜50代になって独身のツラさに苛まれる人たちは、多くが30代の一番大事なときに「趣味があれば一人で生きていける。一人の方がむしろ気楽だ」と早々に結婚を諦め、自己防衛本能で女性を嫌い、結婚しない自分を正当化してきた人たちだ。

独身の本当のツラさは、40代〜50代の「もう本当に取り戻せない年齢」になってからが本番だというのに・・・。

 

中年の独身男性が結婚しない理由

独身男性

”しない”のではなく、”できない”のだ。

男というのは残念な生き物で、自分が年齢を重ねても好意を抱く女性の年齢層が変わらない。女性なら自分の年齢に比例して概ね同年代の異性に好意を抱けるが、男性は30代になっても40代になっても50代になっても、20代くらいの若い女性がずっと好きなのだ。

つまり男は、年齢を重ねるごとに理想と現実のギャップがどんどん広がっていく。

20代からアラサーくらいの容姿的に好みの女性と結婚するには、相当な金持ちやスターでない限りは35歳くらいが限界だ。35歳を超えると自分の手の届く女性の年齢も上がり、自分の理想とする結婚相手像からかけ離れてしまう。

 

結婚はしたいけど・・・こんなBBAしかいないんじゃ独身でいいわ・・・。

 

この結論しか見出せず、結婚を諦め、生涯独身が確定してしまうのである。

一言で言って、絶望である。

自分が付き合いたい若い女性からは見向きもされず、むしろそんな姿勢でいるから同年代の女性からも近寄られない。誰からも好意を抱いてもらえなくなる。

そこまで追い込まれた中年男性はどうなるか?

結婚しない(できない)自分を正当化するため、女性という生き物を嫌悪し、結婚なんてクソ喰らえという考えを持ち始めるのだ。

 

「今の時代に、女のATMになってまで結婚する価値なんかあるか?w」

みたいなスタンスの独身男性はネットにゴロゴロいるだろう。

 

35歳〜アラフォー以上の独身男性は本当に結婚できないのか?

独身男性

国勢調査によると、35歳時点で独身の男がその後に結婚できた確率は3%という絶望的な数字が発表されている。

勝率3%という数字は・・・諦めるには十分すぎる威力がある。

しかしだからと言って、35歳までに結婚できなかったら97%終わりなので試合終了で終わらせるのは、まだ早いと思う。なぜなら、35歳以上になると真剣に結婚しようと活動する人が激減するからである。

つまり「35歳以上の全人口」が分母になると3%だが、「35歳以上だけど諦めずに婚活に動いた人」を分母にしたら3倍くらいの10%にはなるんじゃないだろうか(ただの勘だが)。

 

もう少し、深掘りして真剣に考えてみよう。

 

35歳以上の男性の結婚率が急激に下がるのは、主に以下3つの理由が考えられる。

  1. 結婚を諦めた(もう動いてすらいない)
  2. 理想と現実のギャップが埋められない(相手に対して)
  3. 出会いがあまりにもない

それぞれの要因について見ていこう。

 

1. 結婚を諦めている

すでに生涯独身の人生を受け入れてしまっている人。

経済的に余裕がない人が多く、低年収・非正規社員・フリーターという社会的コンプレックスがますます結婚を諦めさせる。結婚も、人生も、もう一発逆転は不可能だろうと諦めてしまった人たちだ。

この人たちは完全に諦めモードで、恋人探しのための活動すら一切しないので、当然ながら結婚は難しい。意識を変えない限りは。

 

2. 理想と現実のギャップが埋められない

もう自分はアラフォーになってしまったのに、いまだに20代の若い女性しか好きになれない人。若いときになまじモテて女遊びをしていた人ほど、このギャップに苦しみやすくなる。

自分がどんどん年をとっていくのに、好きになる女性の年齢層が変わらないと、そのギャップは年々拡大していく、35歳を過ぎてくると、自分が好きになる女性たちから自分は眼中に入らない年になったことを痛感するだろう。

かと言って、妥協して好きにもなれないようなBBAと結婚なんてできない・・・30歳超えて売れ残ってる女なんてどうせ・・・。

という八方塞がりの状況のまま、さらにどんどんと年を食ってしまっているのが典型例だ。

このパターンの人は、ギャップに悩みながらも婚活や出会いにはわりと動こうとする行動力はあり、結婚できない理由はひとえに需要と供給がマッチしていない=つまり自分と不相応な人ばかりを探していることが原因だ。

なので、意識を改革して自分と相応の相手を求めるようにすれば結婚できる確率は急激に上がるだろう。自分と同年代で未婚の女性は確かに何かあるかもしれないが、結婚歴のあるバツイチの女性は探せば魅力的な人は全然いるので諦めてはいけない。

例えば、35歳以上の人はシングルマザーや再婚者が多いマッチングアプリ「マリッシュ」なんか使ってみると、想像以上にキレイな再婚女性が少なくないのがわかるだろう。

参考⇒ マリッシュの公式サイトを見てみる

 

3. 出会いがあまりにもない

社会人は出会いがない。なんて言うが、その出会いのなさレベルは30代になるとさらに加速してくる。

まず職場の風景が変わらなくなってくる。今さら転職する気力もなく、毎日同じ職場で同じ人たちと顔を合わせる日々が無限に続くのだ。

さらに、職場で顔を合わせる数少ない女性陣も、自分の手が届きそうな年齢の女性はもうみんな誰かの人妻になっている。女性の独身率がどんどん下がっていくのだ。まだ結婚率の低い20代の女子社員に手を出そうものならセクハラのリスクに晒される。

30代も半ばになってくると、もう合コンするような年でもない。

そうなってくると、「自然な出会い」というのは限りなく少なくなってくるのだ。

 

となると、女性と出会うには結婚相談所を使わざるを得ないと考えるのだが、

結婚相談所はそれなりのお金がかかるほか、本当に「最後の手段を使うしかない」という人たちが集まっている婚活難民の終着点だ。

なので、個人的にはいきなりガチの結婚相談所(最後の手段)に手を出すより、まずはもう少し裾野が広く低コストで始められるマッチングアプリなどから手を出してみるのが良いかと思う。

マッチングアプリにも色々とテイストの違いがあって、

アラフォー以上で結婚本気度が高いなら定番の「ゼクシィ縁結び」や前述で紹介した再婚者ユーザー多めの「マリッシュ」あたりから始めるのがいい。

マッチングアプリで一番ユーザー数が多い「 Pairs(ペアーズ) 」も王道だが、いかんせん人が多すぎて婚活というよりただの飲み仲間を探しているような人も多いため、婚活よりの上記アプリよりはだいぶ軽い印象になる(ライトな方がいいという人にはむしろおすすめだが)。

 

まとめ

30代半ばくらいで「結婚なんかしなくても全然快適だけど?」と余裕ぶっている男は多々みるが、同じことを40代50代の独身男性が言ってるのはほとんど見たことがない。

それは、独身の孤独や寂しさは40代を超えてからが本当の地獄なのだろう・・・。

 

\おすすめのマッチングアプリ3選/

アプリ3選 サービスの特徴
pairs3

ペアーズ(公式サイト)

  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    業界最大手のマッチングアプリ王者
paters(ペイターズ)

paters(公式サイト)

  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    ハイクラス・ハイスペ好きが集まる

マリッシュ(公式サイト)

  • 【登録】
    無料→登録する
  • 【アプリの特徴】
    婚活ガチ勢向け・再婚者も多い

-婚活・恋活

Copyright© 婚活サムライ|男性の出会いを助ける恋活・婚活サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.